研修のポイントは絞る!1つでも成果を上げること!

人材育成は未来の人の財産作り

企業によって社員への未来像はそれぞれです。しかしどの企業にも共通していえることは、人材をどう育成していくのかということではないのでしょうか。働き方が多様化するなか「自分に合った働き方ではない」と判断すると、入社しても短期間で辞めていく傾向が見られます。一方で人材育成研修を行う上で企業側は、社員の学習意欲をどれだけ引き出すことが出来るか、など企業側の社員研修力も試されているのです。現場の声を聞きどのような人材が好ましいのか、という意見に耳を傾け社員の人材研修に活かすことは大切ですが、あくまでもそれは現状においての参考意見なのです。企業の将来へと長い目で見たときに人材は将来を担う存在であることを軸に、ポイントを絞って研修が行われることが成功へと成果を結びつけるといえます。

一つの成功体験が多くの成果を生み出す

現在必要とされていないことでも、将来企業経営必要とされるスキルを絞り行うことは、中長期的に見て人材育成研修に必要であることは明らかです。現場で現在必要であることも研修に含めると、双方のバランスを保ちながら並行して行うこと、また研修の中で得た成功体験はとても重要です。成功体験は自信を持たせるとともに、自分自身への飛躍を求めやる気へと導く体験、と考えられています。言い換えれば研修を行う側にとって、競争の中で勝利を手にした者が得た自信は、集団で課題をこなすときにどのような変化をもたらし、全体への協調性の有無を見ることが出来るのです。長期的に見ていけばこの成功体験は、働き方や研修者自身の考え方を見つめ直すきっかけにもなるのです。

人材育成の研修では全体的に底上げする育成方法だけでなく、多方面から見て部分的にフォローするやり方を教えておくことが、企業価値を高めることにつながります。