人材育成のカリキュラムは講師で決める!優秀な講師が見つけてから組む!

講師ベースでカリキュラムを組むメリット

人材育成研修のカリキュラムはまず講師を探してから決めるのが効果的です。講師を招いてセミナーを実施しようという場合には、まずは適任の講師を確保することが最優先でしょう。優秀で魅力のある講師を探し出すのがまず大変になりがちで、日程も会社の都合に合わせてもらえる人となるとなかなか見つからないこともあります。ようやく見つけることができても、先にカリキュラムが決まっているとその通りにセミナーをしてくれるとは限りません。まずは講師ありきでカリキュラムを組めば、その講師の魅力を最大限に引き出すことができます、講師もセミナーをすることへ満足してくれる可能性が高く、講師を獲得する上でも有利になるのがメリットです。

目的を決めてから講師を選ぼう

この講師ならきっと今回の人材教育研修に適任だと思える人はどのようにして探したら良いのでしょうか。取っ掛かりがないと講師探しも大変なので、カリキュラムは後で決めるとしても研修の目的や目標は早期に決定しておきましょう、その目的を考えたときに、どの分野の何をしている人を呼べば価値のあるセミナーをしてくれるかを考えれば良いのです。目的をできるだけ具体化するのが大切で、あまり抽象的なままでは講師の候補も絞り込むことが困難になります。講師の候補が決まったら次々にコンタクトを取り、もし依頼できることになったらじっくりと相談しながらカリキュラムを決めるという流れが良いでしょう。まずは目的を決めてから講師探しをするのが何より大切です。

接客の研修は、お客様の前に出る以前に行われます。お客様へのホスピタリティを第一主義としているため、ホテル業界では注力しています。