カリキュラムは時間と相談!時間が長いと組みやすくなる!

カリキュラムに悩むなら時間に余裕を作ろう

人材教育のために研修を実施しようと計画を立てているときに、どうしてもカリキュラムが決まらないと嘆くことは珍しくありません。限られた時間の中に充実した内容を盛り込もうとするとどうしても無理が生じてしまいやすく、合理的な内容のカリキュラムを組むのが困難になりがちなのです。しかし、研修のためにあまり時間を取れないからと言って、半日や一日で研修を終えられるようにカリキュラムを作るように要求される傾向があります。それでもなお高い目標を掲げなければならず、その目標を達成できるようなカリキュラムが、どうしてもできあがらなくて困ってしまうのです。このようなときに最も重要なのは前提条件を覆して時間に余裕を作ることに他なりません。

時間が長いほど自由度が高くなる

研修は結論から言ってしまえば長ければ長いほど内容に自由度が生まれます。講師を呼ぶにしても二人呼びたいとなると日程が合わずに断念しなければならなくなりがちですが、二日か三日もあるとうまく都合を合わせられる可能性があるでしょう。時間に余裕があれば試行錯誤を伴う研修を盛り込むことも可能です。ロールプレイングなどの実践的な研修も取り入れやすく、何度か繰り返して学ぶ機会も提供できるでしょう。時間を先に拘束してしまうと内容はどうしても制限されてしまいます。時間の制約の影響で意味のない研修に終わってしまうリスクも高くなります。そうならないようにするためにはまず目標を達成することを優先し、時間をあまり制限しないのが大切なのです。

好印象を与える接客とはなど、接客のセミナーを受けることで、実践に役立つスキルや基本的なマナーが学べます。