良いカリキュラムの組み方!全ての要素を揃えてから組み上げる!

研修のカリキュラムの組み方は要素を揃える

研修のカリキュラムを組むときには、闇雲にすると上手くできません。まず、順序立てて覚えて欲しいことを列挙します。研修に必要となることを考えるのです。その時には思い付くままに要素を挙げてもいいです。削除するのはあとからできるので、最初は要素をすべて出し尽くすことが大事になります。覚えて欲しいことが多すぎるのであれば、研修期間を長くすればいいですし、解決方法はあります。そのように考えた要素は本当に必要かを精査します。必要なければこの時点で削除しておくと、検討する要素が減ります。しかし、研修に取り込む要素はできる限り残しておくと、その後に活用しやすいです。研修を組み立てるときに役に立つことが多いです。

揃った要素を時間に合わせて取捨選択する

研修に必要な要素が揃ったら次は、時間にそれをあてはめていきます。研修には時間が決まっていますので、その時間内に研修が収まる規模にする必要があるのです。要素が多すぎると、時間が足りなくなって研修が上手くできないです。そうならないように、要素が分かったら取捨選択します。本当に必要なものだけを残して、あとは次回以降の研修に活用する予備にするといいでしょう。そこまで残った要素ですから、有効利用できるものが多いです。上手く活用できない場合でも、活用する方法があるのです。また、カリキュラムを組んで、要素を詰め込むと時間が足りないのであれば、時間を増やすことも検討に値します。要素を削るよりも時間を増やす方が、いい場合もあるのです。

接客マナーの研修では接客に関するノウハウを身に付けます。研修では即戦力として活躍できる人材を目指します。