人材育成研修は学ぶポイントを明確にすることが大事!

具体的な行動を指示するべし

人材育成には何をどうすればよいのか、具体的な行動を教示する事が求められます。例えば、生産性向上のために人員を削減するという目標をかかげたとしましょう。そこで、「とにかく人員を削減してコストを安く抑えるのだ」という指示をしたところで社員、ましてや初心者の人は育ちません。この業務は2人で担当しているが、合わせて1人で行うことができるのではないか、と少し具体的に提案し、一歩歩み寄ることで、教えられる立場の人もいろいろな提案をしやすくなります。一気に100%を求めるのではなく、一歩ずつ、少しずつ考えて行動するようになることで、今この現場に何が必要か、何が求められているかを理解させることで良い人材を育成できるのではないでしょうか。

個々のスキルアップのために

個々がスキルをアップさせるには、まず成長スケジュールを明確にしなければなりません。具体的な内容を言うと、一ヶ月後には入力作業ができる、二ヶ月後には工場の1ラインを担当することができる、半年後には5ラインを担当することができるようになる、といったような各期間の目標を立て、成長スケジュールを作成することです。そうすることにより、教えられる立場の人は、「何を目標にすればよいかがわかりやすく、そのために何をすればよいかが明瞭になるので、業務を行いやすい環境で成長していくことができます。陸上のスプリンターが、100m9秒台を出すためにいくつもの目標の期間を決めて設定しているように、スケジュール感は重要な事項です。

販売の研修には、販売店の従業員が持つべき使命を把握させ、接客マナーの習得のほか、販売時を想定したシミュレーションを実施します。