分かりやすい目標を立てると人材育成研修は成果がでやすい!

研修では目標が大事になる

研修を受けるなら、目標を立てておくことが大事です、目標がないと、だらだらと研修を受けるかもしれません。それでは成果は上がりにくいです。そうならないために、目標をはっきりさせておき、研修内で学んで成果を上げてもらいます。目標があると、それを達成するために気を抜かなくなります。適当に受け流すことがなくなるので、研修での高い成果につながるのです。また、目標を立てるなら具体的なものにすることが大事です。抽象的な目標では自分でも達成したかどうかが判断つきません。具体的な目標として数字があるとわかりやすいでしょう。スキルであれば、ここまでできるようになるなどの目標がいいです。客観的に判断できる目標であれば、達成をしやすいです。

成果は研修後に確かめる

分かりやすい目標で出した成果は研修が終わってから確かめる必要があります。研修が終わったら、それぞれが成果を発表する場を設けます。そこで、自分なりに出した成果を発表します。目標と達成度合いを自分なりに評価をして、それを一緒に受けた受講生に向けて伝えます。一緒に受けた受講生から認められれば、成果として評価できるでしょう。さらに、研修を担当している人事担当者に向けて、成果を発表します。ここまでできれば、成果を達成できたと言えます。もう一つ確かめる方法は、研修が終わってから数週間後にフォローアップセミナーをします。そこで現場で生かせたかを発表します。ここまでできれば、成果を上げられたかを確かめることができるでしょう。